株投資を始めたいけど、何から学べばいいのでしょうか?コツや知識はどれくらい?そんな株投資の初心者のために基本のルールをまとめてみました。これを忠実にやっていけばいいだけですよね!

株ってビギナーにとってはよく分からないこと

株投資の初心者が心得ることは?
■HOME >> 株ってビギナーにとってはよく分からないこと

株ってビギナーにとってはよく分からないこと

株ってビギナーにとってはよく分からないことだらけと考えられるのではないでしょうか。



どこの証券業者を使って株式を買えばいいのかなど、分からないことが多いです。誰しもが儲けたいと考えて株式投資を始めるわけですが、トータルで利益を残せる人はわずかしかいないでしょう。株の始めたての人から上級者まで絶対確認するべき数値が日経平均なのです。日経平均とはトヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産といった、日紙媒体を代表する全部で225社の株価を平均したものなのです。


初めての人でもしばらく続けて日経平均をチェックすることで、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。

株式投資は非常に魅力的な投資方法です。



ただし、株の売り買いにはいろいろな危険も持っています。株の重大なリスクとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。株式投資は定期預金などとは違って、元本の保証がありません。

株を始めたばかりの人は、危険をしっかりと理解して用心深く投資を行う必要があります。
私は最近、株を始めたばかりの新米で、株初心者の紙媒体を買って、勉強しています。

参考になる紙媒体もあれば、「ん?こっちの紙媒体と書いてあることが違うな?」と少し疑心を持ってしまうような紙媒体も読みましたが、良い所も駄目な所も全部を勉強していきたいです。

株式投資の新米にどうしても覚えてほしい言葉にキャピタルゲイン並びにインカムゲインがあります株で利益を得るにはこの二つの単語を覚えておいてください。キャピタルゲインは株式の売り買いで生じる利鞘のことです。例えると、1万円で買った株式を2万円で売却すれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。
株を始めたばかりの人が株式投資をする狙い目というのは、皆が株式投資に興味を失くし、株式市場が閑散となっている時です。

このような時期では、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置されているため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期だと考えられるからです。


失敗しないで株投資をする方法という紙媒体や記事をけっこう見かけます。それでも、100パーセント失敗しないということなんてないのです。



とはいえ、きちんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもありえるのが株です。失敗を恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思えるのです。

株の投資を行う際には、一定数量必要な株式ではなく、ミニ株を購入する方法もあるのです。



単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を購入したい場合にはミニ株でぽつぽつと購入する方法によって一度に大金を準備しなくてもほしいブランドを購入できます。株に投資する事において、充分な時間を確保できることは重大な要素です。

日紙媒体最大の株式市場である東証が開いている時間は午前9時より午後3時までなので更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。

この点で専業主婦の人は、新米であっても有利な立場で株式投資が可能といえるでしょう。
株については知識が豊富でない者が基礎知識を増やすために推奨されることは、とりあえずは、株式投資関連の本の中で、評判の良い紙媒体を5冊以上読まなければならないと思います。


五冊ほど株式投資についての紙媒体を読めば、それらの紙媒体を読み終えての共通する部分は最重要すべきことだということが判明するからです。株式投資について書かれた紙媒体を何冊も分かるまで読んだ上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、中期トレードと呼ばれる投資方法をチョイスする人も大勢いるでしょう。



スイングトレードは上手に株の売り買いの繰り返しできれば大きな利益を得られるので、かなり人気がある投資方法です。
言うまでもないことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、損してしまうケースもあります。自分は最近、株を始めたばかりの駆け出し者です。
株を買い、ある水準まで儲かったら、すぐに売るべきなのか、他に、長期保有したほうが儲けになるのか分からず、まだまだ悩んでいます。長く保有していると、優待が利用できるので、悩ましい部分です。



株式投資を行う場合は、いくら価格の変動がはげしいからといっても、少ない出来高の小型株式を売買することは良いとはいえません。


なぜと言えば、普段から出来高が多くない株式は購入した株式が売却したい価格で売却したくてもできないからです。


株に不慣れであるのなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことを提案します。
煩雑な確定申告の作業やわからないことを調べる時間を短縮して、そのかわり、株式投資に関わる情報を調べ回ることに時間をかけることができるからです。
株への投資には損失の可能性があります。
ですので、株の経験がない場合は、まず投資信託で資産の運用を考えるのも無難だと言えます。投資信託はプロの投資家が有望な投資先に大きくバランスよく分けて資金を投入するので、安全性が高く初めてでも安心の運用法のひとつと言えるでしょう。株をやったことがない方だけでなく、株式投資をする方の大多数はできる限り手数料が格安なネット証券に口座を作るべきだと思います。なぜかといえば、株式を売り買いの繰り返しする時の手数料が格安であれば株式投資の売買が至って状況に応じてできるからです。
私はアベノミクスという言葉をきっかけに、よく理解しないまま、いきなり株を始めた素人です。最初はまったく利益が出ず、損失でヒーヒー言っていたのですが、いまでは景気が改善したのか、私の腕があがったのか利益があがるようになれました。株の初心者が初めから、難易度のある売り買いの繰り返しをするのは避けた方が良いのです。



仮に、株では空売りをして利益を生む手段があります。

空売りとは売りから始めるという信用株の売り買いの繰り返しです。空売りなら株価が下落した場合でも利益を出せる可能性があります。しかし、危険や損失もあるので、空売りは株の売買が十分つかめてから始めるべきだといえます。株の収益というものは、株価が変動したことで発生した利益と、配当によって会社からもらえる金銭という利益の二通りあります。株価の変動を予測するのは難しいと考えているような初心者の方は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期払っている会社の株を購入することで、配当によって定期的な収入を目的にするのも良い投資方法の一つでしょう。株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないでしょう。

とはいえ、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと考えているのなら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。
その理由としては、空売りを使えるようになるということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。
株投資をするサラリーマンは職場で勤務している時は相場を確認することはできないので、基紙媒体、デイトレードのようなことは無理です。


なので、多くのサラリーマンの投資家たちは決算書を読み込み、割安の株を探し出し、投資しているとのことです。
株の素人の方が、決算書をまず読もうと思っても、書かれている内容がまったく理解できないことでしょう。



とはいえ、心配しなくても平気です。
投資の手段を株の短期売り買いの繰り返しに限れば決算書の内容とは関係なく利益をあげられるからです。株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいで開始できるのかと聞かれれば、私は最低100万円くらいは準備しないと、株式投資をやることはきついと思います。
その訳は、これくらいのキャピタルがあれば上場されている幾多の銘柄の中から惚れ込んだ投資先をセレクションすることができるからです。皆さんそうだと思うのですが、私は株を開始したころ、新米でテクニカルな図面の見方がわかりませんでした。現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」という見方があり、それを判断材料として使っています。しかし、今でもたまに失敗してしまう事もあります。株の投資をするためには口座を開らかなければなりません。

新米におすすめなのがネットの株式株の売買会社です。



ネット証券はアレコレと手数料が低価格に抑えられているので、利益を得やすいと言えます。ネット証券ごとにサービスの内容が違うので、比べてから口座を申請しましょう。



これから株をやってみたいと思って今のところはバーチャルの取引により取り組んでいます。今は順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際に、株取引となると簡単にいかなさそうです。でも、この株のバーチャルによって得た感覚というのを大事にして、今年中には株の取引をしようと考えています。

株のデイトレードにおいて短い期間に大もうけできる人は確かに存在します。
デイトレードという方法は、買った株を持越すことなく当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予想外に株価が下がることも少なく、危険や損失管理が容易でしょう。知っているとは思いますが、株へ投資する方法には、現物取引と信用株の売り買いの繰り返しがあります。



やっぱり株を始めたばかりの人には、危険や損失の高い信用取引は推奨できません。
自分の資金の範囲で投資できる現物株の売り買いの繰り返しを断然お勧めします。
入金した以上に損するリスクがありません。また、株主優待を目的として長期投資するのも一つの投資方法と言えます。どのくらい上下するのかを時間を追って確認するものとしてチャートを活用する投資家はたくさんいます。

例を挙げると、大幅に上髭の伸びた株のローソク足はこれから下降に転じるのではないかと見込まれますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを決める手がかかりになります。株の初心者が苦手にしがちなのは、ずばり損切りなのです。

上がるとついつい思ってしまって、手放さないパターンが多いのです。または、損したくないと考え、さらに損失を膨らませてしまう場合があります。

絶対や100%ということなどありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはとても重要な事です。

メニュー

Copyright (C) 2014 株投資の初心者が心得ることは? All Rights Reserved.